旅行・地域

28 September 2009

キュートな、おしり…♪

Daichan1

この可愛いお尻の持ち主は,大ちゃんといいます。

この日、大ちゃんは、ご機嫌斜めで、なかなか歩が進みません。
日蔭では、足がとまり、その度に、おじぃに竹で、キュートなお尻を叩かれます…。

それもそのはずです。
この日の気温は、32度。UVは殺人的…。
しかも、定員が3名もオーバーだったのです!

我々はちょうど3名…。
オーバーした定員って、私達のことかしら…。

周りを伺い、ドキドキしながら、竹富島の牛車に揺られたのでした…。

| | Comments (2)

03 November 2008

Artな一日…。

Artな一日…。

昨日は、一日呑んだくれてたので…。
今日は、Artな一日を過ごしました。

東京都現代美術館で、森山大道の写真展見てきました。
同時開催のブラジルの現代Art、ネオトロピカリアがとてもおもしろ館かったです(^0^)/
五感を使ってたのしめます!

行ってみて下さいませ♪

| | Comments (0)

02 November 2008

呑んだくれ… 。

呑んだくれ… 。

勝沼に来ています。

勝沼といえば、ぶどう…。
葡萄といえば、ワイン…♪

と、いうことで…。
昼間っから呑んだくれておりました(^_^;)

| | Comments (5)

06 June 2008

そして、〆には…。

そして、〆には…。

やっぱり、甘味でしょう♪
完熟マンゴが、超ヤバい一品でした。

(台北: 冰館 のマンゴーカキ氷)

| | Comments (0)

10 October 2007

金沢21世紀美術館…【ダレルの部屋】。

Darrell_2  Darrell2_3

みんなが、とくに気に入っていたのが、このダレルの部屋…。
天井がぽっかり開いていて、空をキャンバスに見立ててある。

見上げていると…、
雲が動く、空模様がかわる…。
鳥が…、
飛行機が飛んでいく…。

天井にガラスが入っているかと思ったけれど…。
2日目には…、雨が降りこみ…、
雨が床にできた水溜りの上で、跳ねていた。

Darrell3_2

ここに、雪が降り…、積もる姿はきっと美しいに違いない…。
次回は、満場一致で、雪&温泉ツアーで再来を誓うのであった。

| | Comments (0)

09 October 2007

金沢21世紀美術館…その1。

金沢21世紀美術館…その1。

今回、金沢を訪れたのは、
この美術館へ行きたかったから…。
2日に渡り、この美術館に入り浸る…。

建造物にとても趣向が凝らしてあって…。
空間がオブジェになっている。

この写真は、お庭にあるプールの写真。
上からも、下からも楽しめるようになっている…。
上から覗けば、魚を品定めする、漁師さん気分。
下から見上げれば、品定めをされるお魚気分が味わえる…。

| | Comments (0)

06 August 2007

雨あがり…(ラオス5)。

明け方、雨音で目が覚めた。
網戸のままのベランダから、はげしい雨音が聞こえてくる。
外は、どしゃぶりだった…。
その音を耳にしながら、まだ眠りに落ちた。

朝起きたら、雨は上がっていた。
ホテルの庭のあちこちにかたつむりがいた。
じっと見ていると、照れくさいのか、ささっとどこかに行ってしまう。
驚くほど、その動きは速い…。

P7200094  P7200105

小さな写真のカタツムリにお気づきだろうか…?
かなりのデカさである。

ホテルのお庭の芝生を大きな石ころが動く…。
近寄ってみたら、なんと蝸牛!
ヤドカリだって、ここまでの大きさはめったにお目にかかれない…(>_<)
面白いので、ペンを手前においてみた。
遠近法で小さく見えているが、その長さ、ペン、1本分である。
ここまで大きくなるのに、どのくらい時間がかかるのだろう…。

雨上がりの朝、お庭にあるレストランへ向かう途中…。
寝ぼけまなこを、一気に目覚めさせてくれた、驚愕の一枚である。

| | Comments (0)

28 July 2007

ご機嫌ななめ…(ラオス4)。

P7150026

今回は、フィルムカメラをメインに持っていった。
だから、デジカメはブログ用にチビデジにお伴願った。
チビコンデジなのに、絞り優先〜マニュアル撮影までできる優れものである。
スライド式のカバーがスイッチにっていて、カバーをあけると、ON、閉めるとOFFになる。

それが、旅の2日目…、
カバーを開けて、撮っているうちに、レンズんが引っ込んでしまう…。
そしてとうとう…、このタートルアンを撮ったの最後にレンズが出てこなくなった。

また、やっちゃった
嫌な予感が頭をよぎる…。

ホテルに戻って、カメラを見てみると…。
どうやら、スライド式のカバーが浮いていて、スイッチが入らないらしい…。
あける時に、カバー下にあるスイッチらしき部分を押さえておくとレンズが出てくる。
そして、そのままの状態を保つと、撮影することも可能である。

が、しかし…、
つねに真ん中を押さえておかなければならないので、指がつりそうである…(ll ̄∇ ̄;)

ご機嫌ななめのチビデジをなだめつつ、このブログ用の写真を撮ってたので…。
写真のできが良くないのは…、どうかご勘弁くださいませ…。

| | Comments (4)

27 July 2007

正しい観光客のあり方…(ラオス3)。

メコン河の土手に腰掛け、傾きかけた夕陽を眺めていた。
眼の前をゆく大河のように、静かにゆっくりと時間が流れてゆく…。

静寂をやぶり、アメリカ人男子達がどやどやとやってきた。
彼らは、その声の大きさと内巻の発音で…、
遠く離れたところからでも識別することができるのである。

川岸におり、あたりをくまくなく見渡し、綿密に場所をチェックする。
そして、おもむろにデジカメを取り出し、階段の手すりに設置…。
今度は、入念にピントあわせをおこなう。

タイマーをセットし、全員でポーズ…。

Us_boys1

その後は、デジカメの画像を全員で取り囲みチェックする。
その様子はかなり真剣である。
Us_boys3

「Oh, no...!!」
「I closed my eyes...!」
「Look at your face...!」
身振り手振りをまじえ、まったくもって大はしゃぎである。

そして、撮影画像に納得のいかなかった男子達は、
なんだかんだと協議の末、もう一枚取ることに…。
「OK guys, this gonna be serious, right?」
「Yeah....」
「Okay...」

Us_boys2

またまた、タイマーをセットし、ポーズをとる。
しかも、ほとんど同じポーズなのが笑える…。

また、画像をチェックし、大げさな身振りとともに嬌声をあげる…。
彼らは、これを3回繰り返し、そのつどむじゃきに大騒ぎをした。
3度目にチェックした画像に納得がいったのか、
撮影会を終了し、また、どやどやときた道を去っていった。

アメリカ人男子達が去ったあと…、
メコン河畔は、ふたたび静寂につつまれた…。

| | Comments (4)

25 July 2007

ヴィエンチャン…(ラオス2。)

P7150010  P7150012

関空からバンコクで乗りつぎ、たどり着いたのが、ラオスの首都ヴィエンチャン…。
大きな新しい空港だったのがが、かなり予想外だった。

泊まったのは、ちょっと、郊外にあるGreen Park Hotel…。
Internetで探し、メールで予約を入れた。
出発前日に確認のメールを入れたが…、返事がなかった。
到着ゲートをでたところで、ホテルのドライバーを見つけたときには、安堵の息が……。

けっして大きくはないが、とても瀟洒な、落ち着いたホテルだった。
真中の池とプールを取り囲むように、Reception棟、restaurantやBar、宿泊棟が立ち並んでいた。

このホテルに4泊し、毎朝食、Dinnerが1回、マッサージ1時間、1日市内観光、ホテル/空港送迎がついていた。
お値段なんと、$390.-。
しかも、2人でこの値段…!!!

Economicalに優雅な気分にひたれました…♪

そうそう…、先月、このホテルに中田英寿が泊まったといっていたけど…。
本当だろうか…?
受付の女の子が一緒に撮った写真を見せてくれるといってたけど…。
そのチャンスがなかった……残念である。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧