陶芸

28 January 2006

河井寛次郎記念館

チチヤスりんごさんtipuaさんのお誘いで京都にでかけてきました。
あちらこちらで、いろんなものをいただいたグルメ紀行…。
最終目的地の 河井寛次郎記念館にたどり着いたときには、
夕暮れが近付いておりました。

kanjiro1 workshop rabbits

京都の五条を少し下がったところに、ひっそりと、記念館はありました。
表からみると、その奥に登り釜があるなんて、
想像できないような路地に面した町家のおうちです。

中に入ると、そこはワンダーランドです。
ご本人の陶芸、木工、彫金展示作品はいうにおよばず…、
ご自身でデザインされたという、家具、調度品がとっても素敵♪
コレクションされていたという、朝鮮の民芸品もありました。
とにかく、空気とか雰囲気といったものがが和ませてくれました。

ちょっと、寒かったので、じっくりは見ていなかったのですが…、
春にまた、おとずれたいと思います。

そうそう、あちこで、いろいろ美味しいものをご紹介いただきました。
その話は、また、ゆっくりと……。

| | Comments (0)

20 June 2005

ふたり展……開催中♪(つづき1)

作陶で「海の生きものたち」を創っています。

jinbei

ちょっと渋めのジンベイやイルカたち、マンタもおります。
変わったところでは……コブシメ。
あの姿がけっこう、お気に入りです。

こちらは、愛嬌をうりものにしている…
こんな子達もおります。
色を付けるのが、実はたいへんで…。
土に染料を練りこんでつくります。

izari

| | Comments (0)

19 June 2005

ふたり展……開催中♪

ボックスギャラリーをご存じですか?

overall

いわゆる、箱貸しのスペースで、箱単位で場所を借り(有料)、展示/販売などいたします。
今借りているのは南船場のアステップデザイナーズギャラリーというところ…。
建築設計事務所の一角にあります。
路面店舗ではないので、入りづらい…のが、なんですが…。
とっても、腰の低い、明るい、オーナー(建築士)さんがおられます。

通常の箱、薄型     85?×23?  奥行き 15(3,000円/月)以外に…。
マンスリーBOX 4 Box ×1150×432×450を上下2段を借りて友人とふたり展を行っています。

CHIHO KASHIMAさん
アクセサリーデザイナーです。

シリコンで型を取り、そこにアクリルでいろんなものを閉じ込めてゆきます。
そして、その作品を銅で仕上げます。
どれもとても手の込んだ作品です。
ぜひ、足を運んで下さいませ。

lowermiddle

| | Comments (0)