おでかけ

12 February 2006

ドイツ写真の現在…。

気になっていた写真展の最終日だった。
ぎりぎりのところで、気がついて、あわてて京都にでかけた。

fotografie

国立京都近代美術館へ……、
電車と地下鉄をのりついでたどり着いた時には、雪だった。

美術館のまえで、スクーターにのった女の子に声をかけられた。
「すいません……。」
道を聞かれるのかな……、この辺、あまりよく知らないけど……。
「美術館に行かれんるんですか?」
「はい。」
「チケット、買われました?」
「まだですけど…。」
「じゃぁ…、これ使って下さい。」
と、ななめがけのバッグから、1枚のチケットを出して、私にくれた…。
「えっ…、でも……。」
「いいんです。つれが来れへんかったから…。
もったいないしぃ、使って下さい。」
「あ…、あ、ありがとう…。」

そして、その女の子は、きょとんとその場にたたずむ私をよそに、
メットをかぶり、スクターで去ってゆきました。

その女の子のあまりの“かっこよさ”に……、
去ってゆく、その姿をただ見送るしかない私がそこにおりました。

| | Comments (2)

16 May 2005

ひっそり佇む。

そこから、更に上がったところに「奥の宮」がありました。


kibune2

とってもひっそりと佇むその社を、凛々しく護る姿がありました。
その勇ましさとは裏腹に、ちょっぴり淋しげな後ろ姿がとても心にしみました。

奥には貴船由来となった、船形石があり、「この石のかけらを持ち帰ると、後悔安全のお守りになります」…と、あったので、かけらを探したんですが…、とにかくどの石もでかい!
かけらなんて、あたりに見あたりませんでした……残念っ。

途中、樹齢何百年、一千年という、杉が立ち並び、ご神木として崇められておりました。
この木々たちは、弁慶や義経が走り回る姿をliveで見たんだろうなぁ〜。
などと、悠久の時を感じつつ…。そしてそのまっすぐに伸びる木々たちの「気」を授かってまいりました。

| | Comments (0)

15 May 2005

やっぱり、マイペース……?

あまりに爽やかさにつられて…、とってもおでかけ気分になりました。

kibune

行き先の候補は2か所ありました。

a. 比叡口→延暦寺→坂本→大津
b. 貴船口→貴船神社→鞍馬寺→鞍馬温泉

結局、出発までに行き先を決めかねて…。
幸い、どちらも出町柳が出発点になるので…、最初に出る方に乗ろう!ってことになりました……(^ ^ゞ 
最初に来たのは「鞍馬」行、ようやく、行き先が決まりました!
私たちって…、とことんマイペースなようです。
そして…ある意味、とってもギャンブラー…(笑)

貴船口から貴船神社まではバスも出ていたのだけれど…、あまりの爽やかなお天気に歩くことに…。
川沿いの新緑が萌える路を歩くのはとても心地よく…。
途中、お昼ご飯などいただきながら、のんびりゆっくり、歩いてゆきました。

貴船神社の本殿は遷宮の最中で、ちょっとがっかりしましたが…、建築中の本殿の檜材が周囲にマイナスイオンを惜し気もなく振りまいてくれていました。
思わず、この時とばかり…、なんども深呼吸する、ちゃっかり者たちです。

このおみくじは、水占いといいます。
貴船神社は水を司る神さま故なのでしょうか…。



| | Comments (0)